About WIT JAPAN & NORTH ASIA

“WIT (Web In Travel) JAPAN & NORTH ASIA”

“WIT Japan & North Asiaは、共同創業者である柴田啓、浅生亜也、Web In Travel(Yeoh Siew Hoon代表)によって、 震災の翌年である2012年に日本の旅行市場の復興も願い、 日本で初めて”テクノロジー x トラベル・ツーリズム” をテーマとした国際カンファレンスとしてスタートしました。 国内外のOTA(オンライントラベルエージェント)、旅行会社、 宿泊(ホテル、旅館、民泊など)、航空、レンタカー、タクシー、 鉄道など幅広い旅行・観光関連分野における主要企業、 ベンチャー企業のトップリーダー達をスピーカーやパネリストに迎 え、 最新のトレンドや業界の課題について活発な議論を交わす場として 広く認知されています。

2012年に招待制のクローズドカンファレンスとして約100名 で開催された以降、規模は年々拡大し続け、 6年目となった2017年は、「reimagine」 をテーマに開催されました。来場者数は世界12ヶ国以上から過去 最高の513名(1日目314名、2日目452名、 2日間ユニーク来場者数513名 ※申込者数552名)を記録しました。2017年の参加者の業種 トップ3は、OTA(14.3%)、ホテル(12.6%)、 テクノロジーサービス提供(8.3%)。 これらの業種に加えて毎年航空会社や旅館、民泊、レンタカー、 観光局、 メディアといった様々な分野からの多数の参加があります。”

“WIT (Web In Travel) ”

WITは、創業者であるYeoh Siew Hoonにより2005年にアジア太平洋地域におけるオンライン 旅行業界の変革とアジア地域の旅行コミュニティを担うことを目的 にシンガポールでスタートした国際カンファレンスです。 他の旅行産業の会議とは違い「ひと」に焦点を当て、 160名で始まった会議は、現在では500名以上の規模になり、 いまではオンライン旅行業界のダボス会議とも称されることがあり 高い認知度を誇っています。 アジア太平洋地区およびテクノロジーを切り口にした旅行・ 観光業界に特化したオンラインメディアとしても運営されています 。

ウェブサイトはこちら